Synthax Japan Webサイトへ RMEで愉しむオーディオ・リスニング
ホーム > 活用ガイド > 第2章:インストールと音の確認 > Babyfaceのインストール(1) [Mac]

Babyfaceのインストール(1) [Mac]

掲載日:2012/07/10
Babyfaceを使用するには、専用ドライバーのインストールが必要となります。Macの場合はインストーラーを実行するだけの簡単な手順となっています。

インストールの手順

Macの場合、ドライバーのインストール手順は非常に簡単です。製品付属のドライバー(Driver)ディスクをコンピュータのドライブにセットして、ディスクの次の場所に収録されているインストーラーを実行してください。

「Fireface_USB」フォルダ
    ↓
「Fireface USB Driver vX.XX」フォルダ ※vX.XXはバージョンです。
    ↓
「Fireface USB.pkg」を実行

USBインストーラー

インストーラーが起動しますので、画面に従ってインストールを進めます。

インストーラー画面

インストールが終了するとOSの再起動を求められます。再起動をすることで、ドライバーのインストールが完了です。以降はBabyfaceを接続すると、自動的に認識されて利用できるようになります。

インストーラー画面

Macにドライブが搭載されていない場合

近年リリースされているMacには、ドライブが本体に搭載されていないものが登場してきています。この場合は、下記のページでドライバーを配布していますので、こちらでダウンロードしたものをインストールしてください。

[ Babyface Mac用ドライバーのダウンロードはこちら ]