Synthax Japan Webサイトへ RMEで愉しむオーディオ・リスニング
ホーム > 活用ガイド > 第2章:インストールと音の確認 > Fireface 802のインストール(2) [Mac]

Fireface 802のインストール(2) [Mac]

掲載日:2015/02/23
ドライバーのインストールが完了したら、Macで音を再生する装置にFireface 802を設定し、実際に音を再生して確認してみましょう。

音が正しく鳴るかチェックする

OSを再起動したら、Fireface 802をコンピュータへ接続して電源をONにしてください。自動的に「Fireface USB Settings」(Fireface Settings)と「TotalMix FX」の2つのユーティリティが起動してDockの中に表示されるようになります。この2つはFireface 802の設定・管理を行うものですが、ここではまず先にMacで音を再生するデバイス(装置)の設定を行います。

サウンドの出力を選択

「システム環境設定」を起動して、「サウンド」を開いてください。

システム環境設定

システム環境設定

次に、「出力」のページが選ばれていることを確認してから、サウンドを出力する装置に「Fireface 802」を選択します(カッコ内の数字はシリアルナンバーです)。これで、Fireface 802から音を再生することができます。

サウンドの出力設定 ※初期状態ではアナログ1/2出力で音が再生されるようになっています。

設定が正しいか確認する

「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダにある「Audio MIDI設定」から、左右別々に音を再生して設定の確認が可能です。

Audio MIDI設定

Audio MIDI設定

Audio MIDI設定を起動したら、メニューの「ウインドウ」からオーディオウインドウを表示させてください。Fireface 802がリストに表示されていますので、選択してから右側の欄で「出力」を選び、下にある「スピーカーを構成」というボタンを押します。

Audio MIDI設定

別ウインドウが開きます。「左 フロント」「右 フロント」というボタンを押すことで、それぞれノイズ音が再生されます。

※再生機器で高域から低域まで音が鳴っていることが確認できるように、ホワイトノイズが再生されるようになっています。故障ではありません。

Audio MIDI設定

これが正しく聞こえれば、Fireface 802を問題なく使い始めることができます。