Synthax Japan Webサイトへ RMEで愉しむオーディオ・リスニング
ホーム > 活用ガイド > 第2章:インストールと音の確認 > ADI-2 Pro:ケーブルを接続する [デジタル入力編・DACとして使用する]

ADI-2 Pro:ケーブルを接続する [デジタル入力編・DACとして使用する]

掲載日:2016/12/15

ADI-2 ProをコンピューターのUSB DACとして使用するのではなく、CD、SACD、DVD、プルーレイ・プレイヤー等のデジタル機器を接続して、単体のDAコンバーター(AD/DAモード)兼ヘッドフォン・アンプとして利用できます。ADI-2 Proのデジタル入力にプレイヤーのデジタル信号を送り、アナログ/デジタル変換して出力することにより、ADI-2 Proに搭載される高品位のA/D変換やジッター制御テクノロジー、アナログ出力ステージをフルに活用できます。

Fireface

 

オーディオ機器をADI-2 Proのデジタル入力端子に接続する

ADI-2 ProにはSPDIFオプティカル角型SPDIF同軸RCAAESデジタルXLRのデジタル端子があります。
お使いのオーディオ機器に搭載されるデジタル出力端子に合ったデジタル・ケーブルを用意し、ADI-2 Proのデジタル入力端子にケーブルを接続します。デジタル入力端子は「In」と表記されています。

adi2pro_rear_digital

digital_breakout_cable

ADI-2 ProのAD/DAモード(デバイス・モードの自動切替)

ADI-2 Proはデバイス・モードを切替えて様々な環境で使用できますが、単体DAコンバーターとして使用するには、AD/DAモードを使用します。AD/DAモードとは、アナログ入力信号をデジタル出力へ、デジタル入力信号をアナログ出力へ送るアナログ・デジタル変換モードのことです。

工場出荷時にはデバイス・モードを自動で切替える設定(Auto)になっています。例えばUSBケーブルでコンピューターをつなぐと、自動的にUSBモードに設定されて本体をUSB DACとして使用したり、コンピューターに録音したりできます。同じように、CDプレイヤー等のオーディオ機器をSPDIF入力に接続して、ADI-2 Proを単体で使用すると、すぐにデジタル入力を検知して本体がAD/DAモードに変更されます。

AD/DAモードでは、デジタル入力で受けた信号がDA変換され、フロントのヘッドフォン出力3/4と背面の出力端子に送られますので、接続するとすぐにヘッドフォンやスピーカーで音楽を楽しむ事ができます。アナログ出力のケーブル接続について説明している[ADI-2 Pro:出力編]も是非参考にしてください。

device_modeなお、手動でデバイス・モードを切替えたい場合は、フロント・パネルを次の手順で操作します。

  • [SETUP]ボタンを押す
  • Options > Device Mode >を選択
  • Basic Modeを希望のモードに変更
    1. Auto
    2. プリアンプ
    3. AD/DA
    4. USBオーディオ・インターフェイス
    5. デジタル・スルー・モニター