Synthax Japan Webサイトへ RMEで愉しむオーディオ・リスニング
ホーム > 活用ガイド > 第2章:インストールと音の確認 > ケーブルを接続する [ADI-8 QS入力編]

ケーブルを接続する [ADI-8 QS入力編]

掲載日:2015/01/15

Babyface/Fireface UCをさらにアップグレード

BabyfaceまたはFireface UCをPCとのオーディオ・インターフェイスとすることで、ADI-8 QSの圧倒的なダイナミックレンジと解像度の高さを、ご家庭のシステムでもお楽しみいただくことが可能です。ADI-8 QSには、新たに開発された完全なシンメトリカル回路が導入され、すべてのレベル設定において、高音質、低歪み率、高S/N比を実現しています。入出力ともに4段階のレベル設定が行えることにより、アナログのドメインに完全に順応させることができます。

また、アナログおよびデジタルのリミッターを搭載し、歪み値を最小限に抑え、加入力によるアクシデント回避しながら、5dBまでの広いヘッドルームを確保することで、いかなる音源も余裕のある最高の音質で再生することができるのです。

adi8qs_fig_1

 

PCレスのハイエンド再生環境にも

昨今では、ネットワーク・プレーヤーなどPCを介さずにデジタル・オーディオを楽しむシーンも多く見られるようになりました。Firefaceシリーズ(Babyfaceを除く)やADI-8 QSなどのAD/DAコンバータは、PCがなくてもその設定を保持してスタンドアロンで動作しますので、SACDプレーヤーや、ネットワーク・オーディオ・プレーヤーなどについても、RMEのDAコンバーターを通すことにより、より原音に忠実なクリアな音質を追求することができます。 録音の現場で使用される機材だからこそ、実際の音に一番近い音場がリスニング・ルームに再現されます。

adi8qs_fig_2