Synthax Japan Webサイトへ RMEで愉しむオーディオ・リスニング
ホーム > ニュース > 「アナログ音源」をRMEでコンピューターへ取り込む

「アナログ音源」をRMEでコンピューターへ取り込む

掲載日:2015/11/02

デジタル音声の技術が急速に進歩する中、アナログ・レコードやカセット・テープ、オープンリールと言った「アナログの音」の魅力もまた再認識されています。RME製品にはオーディオ出力と同様に高い品質を誇るオーディオ入力が搭載されていますので、従来の録音デッキと同じ感覚でコンピューターを使って、アナログの音を原音に忠実に最高品質でデジタル化することができます。

こちらの記事では、Babyface ProやFirefaceシリーズを使用して、大切にしてきたアナログ音源をコンピューターへ取り込む方法を紹介しています。是非ご覧ください。

[ この記事を読む ]